【無印良品】台湾風豆乳スープ ~アレンジメニューもご紹介!

  • URL Copied!

↓↓ランキングに参加しています。クリックで応援をお願いします!↓↓

こんにちは。たまのじです。

今回は無印良品で購入した「ひとり分からつくれる鍋の素 台湾風豆乳スープ」をご紹介します。

目次

台湾風豆乳スープって?

1人前用34g×4袋

パッケージには「の旨みを生かし、黒酢ラー油をきかせて、豆乳でまろやかな味わいに仕上げた鍋の素です。台湾のシェントウジャンをお手本にしました。」と書いてあります。

・・・シェントウジャン

知ってますか?シェントウジャン。私は知りませんでした。台湾の定番朝ごはんらしいです。豆乳と酢で作る簡単スープ。

では早速作っていきます!

「台湾風豆乳スープ」を作ってみた

材料*1人分*

台湾風豆乳スープ 1袋
水 100ml
牛乳 100ml
鶏もも肉 70g
白菜 1枚(50g)
しめじ 1/4株(30g)
豆腐 ミニ1パック(150g)
小ねぎ 1本(5g)

たまのじ

私は鶏肉の代わりに豚肉を使いました。

作り方

STEP
材料を準備する

材料を食べやすい大きさに切っておく。

STEP
スープを作る

鍋にスープの素水100ml牛乳100mlを入れてよくかき混ぜ、火にかける。

たまのじ

沸騰させると牛乳が分離してしまうので注意!

スープの素と水・牛乳を火にかける
STEP
具材を煮る

鶏肉(豚肉)など火の通りにくいものから順番に入れていき、火を通す。

STEP
出来上がり!

最後に刻みネギをのせたら出来上がり!

「台湾風豆乳スープ」を食べてみた

では、食べてみます!

ひと口・・・ん?なんだか微妙・・・。

そう、実は私は酢が苦手。買う前にパッケージをよく見ていなくて、酢が入っていることを確認していなかったのです。

うーん、失敗したなあと思いました。酸辣湯(サンラータン)みたいに「あ、酢だな」という感じのネーミングなら気づいたものの・・・。残念です。

でもまあ、食べれなくはないし・・・と思い、食べ続けました。「残りの3袋、どうしようかな・・・」と考えつつ。

そして、完食。しかし、全部食べ終わった後、なぜか「なんか、もう一度食べてみたい」という気持ちが沸いて来たのです。たまにありますよね、こういうこと。そしてまた次に食べた時には、「やっぱりあんまり好きじゃないな」って思うやつ。

というわけで、商品の袋に載っていた「アレンジメニュー」も作ってみます!

えび豆乳麺 <アレンジメニュー>

材料*1人分*

台湾風豆乳スープ 1袋
水 150ml
豆乳 100ml
えび 3尾
まいたけ 1/4株(25g)
中華麺 1袋(120g)
パクチー 適量

たまのじ

私はパクチーの代わりに水菜を使いました。

作り方

STEP
材料を準備する

えびは殻をむいて背ワタを取り、片栗粉で揉んでから水で流して、汚れを落としておく。パクチー(or水菜)とまいたけは食べやすい大きさにしておく。

STEP
中華麺を茹でる

鍋で中華麺1袋を茹でておく。

STEP
具材を煮る

鍋にスープの素1袋水150ml豆乳100mlを入れて火にかけ、具材を入れて、火が通るまで煮込む。

STEP
出来上がり!

茹でた中華麺を加えて、パクチー(or水菜)をのせたら出来上がり!

えび豆乳麺を食べてみた

もう一度この味に挑戦した結果、思った通り「やっぱり少し苦手」(笑)。
でも美味しく食べるべく、何か味変出来るものはないか模索した結果・・・

ジャジャーン!

S&Bの「四川風辣油。最近お気に入りの調味料です。
花椒(ホワジャオ)の実が入っていてピリッとします。いわゆるシビ辛料理にぴったりの調味料。麻婆豆腐担々麺などにかけると本格的な味を楽しめます。

これをえび豆乳麺にかけてみたところ、おいしい!「台湾風」ではなくなってしまうかもしれないけれど、美味しくいただくことが出来ました。

「台湾風豆乳スープ」、食べてみて!

私は酢が苦手ということで、この商品に対してはあまり評価は高くないのですが、口コミなどを見ると人気のようですね。

酢が苦手の私でさえも、なんとなく後を引く味だっただけに、酢が苦手でない方にはとても美味しい鍋の素なのではないでしょうか。

気になった方は是非、お試しください。

たまのじでした。


↓楽天市場・無印良品ストアへはこちら


↓大人気のカレー「バターチキン」はいかがですか?


↓ごはんにかける「胡麻味噌タンタンスープ」もあります。

フォローをお願いします!

たまのじdays - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

たまのじです。
夫と二人暮らし。
お家で過ごす時間が好き。
美味しいものを食べるのも好き。
たまに旅行に行くのも好き。

目次
閉じる